PAGE
[『月の下』]

また会えるかな
また話せるよね

あの口づけ 魔法にかかった時間
胸につまる想い 見つめただけの会話に
寂しいのは あの日を覚えているから
出会わなければ 弱さも知らなかった

また 会えない明日を
ここで一人迎えるの
今ごろ あなたも眠るかな
今夜は空がきれい

抱きしめられた その時に
しまい込む言葉 明日に怯えて
誰かと笑っては 私を忘れていくわ
あの月の下で

電話を握って 少しためらって
声が聞きたいな
何かに邪魔される右手
口癖のように言う
ちっとも遠くないよ
優しい嘘ね
会えない時間に カギをかけられてしまう

2人だけの時間 1つ またひとつ数えて
その度 強く信じていけるから
窓を閉めて歌う

さようならなの?約束なの?
その口づけに今日も会いたくて
今夜もどこかで 誰かに出会ってるの
私は どこにいるの

「ありがとう」って言葉に頼って
押し殺し続ける言葉
伝えても 悔やんでも
明日もあなたに会えない
そっちの空は何色?
でも見えるその月は ただ1つ
手を伸ばして叫ぶ

さようならなの?約束なの?
その口づけに 今も泣きたくて
抱きしめられた その時に
解けない魔法を願った


(2010年7月 詞・曲/高橋あすか)



[←前次→]
[←戻る]