テリトリー
………………………………
episode ・・ 02
   (1/22)
………………………………



紫苑先輩に囚われてからあっという間に1ヶ月が過ぎた。


放課後は先輩の枕になって、ただじっとして。


先輩が起きたら帰りは必ず家まで送ってくれる。


そんな毎日を過ごして、紫苑先輩のウワサはイヤでも勝手に耳に入ってくる。


3年5組の橘 紫苑と言えば、学校1の有名人だと言うこと。


完璧な見た目はもちろん、"来るもの拒まず去るもの追わず"な先輩だから、人気が絶えない。


先輩に触れられたら虜になってしまうらしく、そういうオトモダチも多いらしい。


あと、先輩の"縄張り"には絶対に入ってはいけない。


そんなウワサの中で、当たってないこともあった。


それは、先輩は絶対にキスをしないということと、自分のテリトリーには心を許した人しか入れないということ。


まるで挨拶のように軽くキスをしてくるし、あたしは先輩のテリトリーに最初の日から入れられている。


所詮ウワサはウワサだし、どれを信用しようとも思わないけど、耳に入った情報は完璧にあたしの頭にインプットされていた。





- 22 -
………………………………
前n[*][#]次n
………………………………
⇒しおり挿入
/543 n
………………………………
⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook
………………………………
………………………………
[←戻る]