テリトリー
………………………………
episode ・・ 08
   (1/23)
………………………………



「行って参ります!」

「はい、頑張って。」


意気込んだあたしに手を振ってくれた杏ちゃん。


あたしはそれに力強く頷いて背中を向けた。


紫苑先輩と離れて今日で4日目。


あたしは、やっと自ら会いに行く決心をした。


先輩に、ちゃんと謝ろう。


今までのことをちゃんと謝って、仲直りをしよう。


両手を拳にして、先輩のいるであろうテリトリーに向かう今は、お昼休みの真っ只中。


昨日の帰りに日向先輩からもらった情報だ。


普段は放課後やサボるときにしか行かないテリトリーに、あたしと会わなくなってからは、なぜかお昼休みにも行っているらしい。


その行動には、日向先輩も豪先輩も着いて来ることが許されていないとか。


なんでかは知らないけど、それならちょうどいい。


2人っきりの時間が出来るのなら、今のあたしには好都合だった。


足早に向かって着いた旧校舎を、1度見上げる。


そして足を踏み出して階段を1番上まで上り、やっとあとちょっとでテリトリーに着くと思ったとき。


「ねぇ、先輩?」





- 153 -
………………………………
前n[*][#]次n
………………………………
⇒しおり挿入
/543 n
………………………………
⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook
………………………………
………………………………
[←戻る]