太陽の笑顔
◆volume 00
      プロローグ
  (1/1)






初めて経験した
止まる事を知らない
心のときめき。






キミと出会ってなかったら
あたしはきっと、
ずっとこの気持ちを
知る事はなかったと
思うんだ。






大好きだった。






誰よりも。







なによりも。







キミ無しでは
考えられないほどに、
あたしの頭はキミで
いっぱいだったんだ。










もし、もう一度
戻れるなら。








あたしはキミと一緒だった
あの夏に戻りたい。








焼き付くような暑い陽射しと
うるさいくらいのセミの鳴く
あの日々に。







- 1 -
前n[*]|[#]次n

⇒しおり挿入

/77 n




⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook
[←戻る]